webから予約

和装

最近は減ってきたかもしれませんが、女性の喪服は結婚に際して用意するご家庭がたくさんありました。喪服というのは用意するタイミングが難しいものなので、嫁入り道具の一つとして一式用意があれば安心ということだったのでしょう。洋服と和服それぞれをお持ちの方もいらっしゃいますが、近年のお葬式では和服をお召しになるのは近しい身内の方達だけで、他は洋服の喪服ということも多いようです。身内の方でも皆様洋装ということも珍しくなくなってきました。結婚式でも和装の方は新郎新婦のお母様が多いようです。理由として、和装で参列するには和服一式が必要です。一度揃えてしまえば一生使えますが、しっかりしたものを用意すると数十万円かかります。保管するのにも管理が必要で、当日の着付けやヘアメイクも必要になってきます。そういった理由で購入せず、必要な時に一式レンタルで用意するという方も増えてきました。

着物には季節と格があります。冠婚葬祭のお席で冬に夏物を着ていたり、清掃や準礼装が必要な場に平服で行ってしまった、というようなことがあっては大変ですね。自分で調べたり人に相談するという方法もありますが、レンタルの場合はお店の方に”いつ、どのような席に着るのか”ということを伝えて適切なものを用意できるようにすると良いでしょう。そして和服を着ているときは着くずれや汚れに注意しましょう。もし着崩れてしまったときは式場でしたらお直しできるスペースがあったりするので、スタッフの方に聞いてみましょう。人に着つけてもらった場合は手直しの方法を聞いておくのも安心ですね。冠婚葬祭の場ではお食事も付き物です。ガード加工済みの衣服ならなお安心ですが、事前にハンカチを複数持っておき膝にかけておくのも良いでしょう。正絹のお着物はこすると毛羽立ってしまうので、汚れを落とそうととっさにこすってしまうことが無いように気を付けましょう。レンタルの場合はお着物を傷めてしまった時の保証があったりするので、借りる際に確認しておくことも必要です。